自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2017年5月18日木曜日

トラックを何とかすれば渋滞もなんとかなるんじゃね?





安城まで行くのに2時間かかったわ。









私は渋滞が大嫌いなので
世間がオフシーズンの連休を楽しむ中

渋滞に巻き込まれたくないという理由だけで
家に引きこもっております。



労力、時間、ガソリンの無駄( ´゚д゚`)
いい事なんて1つもなし。



まあ、連休中の渋滞は出掛けなきゃいいだけなので
避けられますが

仕事に向かう途中や、仕事帰りの渋滞だけは
なんともならないのが現状です。



オフシーズンの渋滞は
単純にレジャーや帰郷のラッシュだと思いますが

毎日の朝と夕方の渋滞は
トラックが渋滞の9割を担ってると思われます。




トラックが渋滞の原因を作る要素





1.スタートダッシュ



赤信号で止まって
青信号で進みますが

これがべらぼうに遅い。 ←

だだっ広い23号線が混むのはほとんどこれ。



2.追い越し車線?知らねえな。



西尾張中央道でよく見る風景ですが
左も右も遅いトラックが堂々と走っております。

これは、右に曲がる予定のトラックが
渋滞してるとなかなか右車線に入れてもらえないので
始めから右を走行してるのだと思います。

右も左も遅いトラックで埋め尽くされたら
そりゃ渋滞しまっせ( ´゚д゚`)



3.カーブ



説明がめんどくさいので絵を描くでござる。


























そーゆーこと。



速度は遅いし小回りが利かないトラックは
普通乗用車よりも減速するので

余計に渋滞が悪化するのです。




対策





とっととベーシックインカムを導入して
運送業を減らして

AIを搭載したドローンで空運を発達させて
シェアリングエコノミーで荷物を届ける仕事を効率化して

どうしてもトラックでなきゃ無理な荷物は
19時から4時限定でAIを搭載した自動運転トラックが走る

ってゆーかなり勝手なことをやれば
渋滞という渋滞は緩和されます。



まあ、それが実装されるのは
まあまあ遠い未来だと思うので

現状の対策としては



仕事をしない!( ´゚д゚`) ←



あとは
べらぼうに早く家を出るかですよね。



どれだけアホみたいに道路を増やそうが
頭を使った政策しないと無理ですね。




AeroMobil 3.0 - official video




空飛ぶ車って今年実装じゃなかったっけ。



これが低価格で出回れば
渋滞知らずなんですけどねえ。



テクノロジーの進化を気長に待つとしましょう(´∀`*)





0 件のコメント:

コメントを投稿